宮迫AGAのスカルプDの効果は・・・?

CMでおなじみ宮迫のAGAの症状とは?

CMでおなじみ宮迫のAGAの症状とは?

 

薄毛のCMなどでよく見かける宮迫さんは、本当にAGAなのかわかりませんが、AGAって何かご存知ない方のために、ここでは宮迫の宣伝しているAGAの症状などについて説明していきたいと思います。

 

●AGAってなに?:
AGAは「エージーエー」とそのまま呼びますが、「Androgenetic Alopecia」の略語です。Androgenetic Alopeciaというのは難しそうな名前に聞こえますが、要は日本語で「男性型脱毛症」のことを指します。男性型脱毛症というと、頭に思い浮かぶのは中高年のオジサンの姿かもしれませんが、実は20−35歳の男女の4割がなんらかの脱毛症を抱えるということがわかっていますから、「自分には関係ない」で済まされなくなる日も来るかも?!

 

●AGAの特徴:
AGA、いわゆる男性型脱毛症の特徴は、額の生え際が後退したり、頭頂部(頭のてっぺん)から毛が薄くなっていくタイプの脱毛症で、大抵はどちらか一方か、両方の部分が一気に薄くなっていきます。宮迫さんはまだまだ若いのに、もしAGAなのなら額の生え際がやや後退してきているのかなあ〜と、CMを見ながら思いましたが、実際早い人は10代で発症し、全国で1250万人以上の患者数に上るという身近な脱毛症なわけですね。

 

●どうして男性型脱毛症になってしまうの?:
・母方の祖父が禿ている、いわゆる「遺伝」のせい!?
脱毛症の大きな原因の一つが遺伝と言われていますが、これは実は100パーセント解明されているわけではないようです。まだまだ謎が多い脱毛症ですが、母方の祖父が禿ていると、遺伝子の何らかに異常がおきて孫の男の子も禿るリスクが高いのが特徴になっているようです。これは、ドイツの研究チームが出した結論なので、日本ではなんといわれるかわかりませんが、母方の祖父が薄毛の方は、なるべく早いうちから薄毛対策は始めたほうがおいかもしれませんね。

 

・薄毛はホルモンのせい?!
男性型脱毛症の主な原因と言われ、抜け落ちた毛根からたくさん見つかるジヒドロテストステロン(DHT)は、男性ホルモンの受容体とくっつくことで毛髪サイクルを乱す働きをするそうです。毛髪サイクルが乱れてしまうと、成長期に行く前の段階ですでに髪が成長するのをやめてしまい、成長できずに抜け落ちる髪のせいで脱毛症が進行するそうですよ。

 

 

●AGA/男性型脱毛症の心配がある方の対処法:
AGAは、進行型の脱毛症なので放置しておいても死にはしませんが、確実に禿ます。禿たくない方は、まずはお医者さんに行きましょう!なるべく早い方が、進行を食い止めるのも早くなるのでお勧めですよ。 AGAに効くといわれている薬には、フィナステリドという日本国内初の経口型の育毛剤と、薬局などで開けるリアップ(ミノキシジル)などがあります。

 

●AGAはどうやって診断がつくの?:
一般的にAGAは、とりあえず除外診断と言ってAGA以外の病気ではないのかを調べていくそうです。それで、他に当てはまる病気がなければ、脱毛の状態などからAGAであるかどうか診断をするということですよ。AGAは、実際自分に起こるとかなりのストレスになりますし、またこれは相談しにくい問題でもあります。できれば美容師さんにも相談し、AGAが目立たないオシャレなヘアスタイルなどを聞いてみたり、病院に行って相談したりすることで、自分の困っていること、不安な気持ちを聞いてもらいましょう。ストレスはAGAの的ですからね!また、生活習慣をただし、睡眠リズムを整え、できれば午後10時には寝られる状態にしましょう。やらなくてはいけないことは、早起きしてやるようにするとよいですよ。もちろん、喫煙と過度のお酒はNGですよ!

 

抜け毛について


ホーム RSS購読 サイトマップ